News
体重計を抱えている肥満の男性

ダイエットで挫折する理由の一つに停滞期があります。
食事制限や適度な運動でダイエットに励み、マッサージでむくみを解消して徐々に痩せてきて、順調に体重が減っている時はモチベーションも高くがんばりがいがあるので続けるのは難しくありません。

しかしダイエットをしていると必ず停滞期がやってくるわけです。
停滞期がなぜ起こるのかといえば、それは身体がダイエットをしている生活に慣れてきたからだといえます。
食事制限ならばそれまで摂取していたカロリーが突然減ったわけですし、運動を始めたのなら消費されるカロリーが急に増えたことになります。
その急な変化のせいで、足りない分のエネルギーをためていた脂肪から取り出していたからうまく体重を減らすことができていたのです。

しかし、人の身体というのは状況にあわせて使うカロリーをコントロールすることができます。
摂取するカロリーが少ないならば少ないカロリーで活動できるようになるわけです。
そうなると同じ事を続けていても体重は減りづらくなります。

つまり停滞期です。
この停滞期を乗り越えられるかどうかでダイエットが成功するか失敗するかの分水嶺になります。
もしもこの時点で挫折して食事制限をやめたり運動をしなくなってしまうと、せっかくダイエットをしていた時と逆のことが身体の中で起こってしまいます。
少ないカロリーで大丈夫なのに必要以上のカロリーを摂取してしまったり、消費できないカロリーがでてきてしまうわけです。
こうなると簡単にリバウンドしてしまいます。

そうならないためにも停滞期は乗り越えなければなりません。
ダイエットを続けていれば必ずまた痩せやすい時期が来るのですが、それが待ちきれない人は改めて食事の内容を確認してみたり運動強度を上げてみると再び痩せることができるでしょう。

記事一覧

ダイエットにはオールブランと野菜スープが役立ちます。 オールブランはたっぷりの食物繊維が含まれている...

ダイエットが成功した女性

年をとると基礎代謝が低下するので、若い頃と変わらない食生活だと太ってしまいます。 一度太ると基礎代謝...

運動する肥満の女性

肉食の方は総摂取カロリーが多くなりやすく、痩せたいと思っても成功率は低くなります。 欧米人には肥満体...

食事している肥満男性

ダイエットでどの程度、体重を落とすことができるかと言うのは個人差があります。 代謝や年齢、ホルモンバ...

体の脂肪を心配する男性

痩せたいと考えダイエットを始める方は、最初はかなりの決意を持って挑むこともあるでしょう。 そのため、...